公式ブログ

BLOG

2017.11.07
  • 新着情報

2018年 年賀状・喪中ハガキ印刷受付のお知らせ

今年もいよいよ年賀状の季節がやって来ました。

アルファでは今年も年賀状印刷の受付を開始しております。

今年は官製ハガキが52円から62円に値上がりしましたが、年賀状に限っては12月15日~1月7日の間に限り、52円で出すことができます。
※1月8日
以降は10円切手を貼り62円として出さなくてはなりませんのでご注意下さい。

年賀状・喪中はがき印刷のデザインにつきましては、アルファ・オリジナルのデザインをはじめ自信をを持ってお勧めできるものを用意させて頂いております。

年賀状デザイン・カタログをご希望の方は、ホームページ「ご相談・お問合せ」より「年賀状カタログ希望」と明記の上、お問合せ下さい。無料にて発送させて頂きます。
皆さまのお問合せお待ちしております。

カタログ請求はこちらから

 

2017.09.05
  • 新着情報

箱根細工職人の作品集 自費出版の制作実績

からくり創作研究会の編集担当者様よりコメントを頂きました。

箱根木楽「二宮義之の手仕事」

本書は、箱根細工職人として70年に渡って作品を作り続けてきた二宮義之の作品集です。二宮は、現在のからくり箱の源流ともなった秘密箱の技を受け継ぎ、からくり・仕掛箱、寄木、指物、組木と幅広い作品を作り続け、箱根細工職人として異例の10回もの個展を開催した稀有な存在の職人です。また二宮は、新しいからくりを作る職人の集まりである私たち「からくり創作研究会」の前会長として、長年新作作りの先頭に立ち、後輩職人にも大きな影響を与えてきました。本書では、その二宮の作品を数百枚の写真で紹介しています。世界中に熱烈なファンを持つ、その理由を感じて頂ける作品集となったと思います。

本書の製作に当たり、アルファ様には大変お世話になりました。本作りに不慣れな私たちの様々な悩みの相談に応じて頂きました。編集者としてこだわりのあった表紙の画質調整では、プロの技術で期待以上の美しい仕上がりを実現して頂きました。

本書の出版を記念して、以下の様に出版記念トークショーの開催を予定しています。ご来場頂ければ幸いです。(入場無料)

日時:2017年9月17日(日)15:00~16:15、場所:HaRuNe小田原ハルネ広場

本書は、私たち「からくり創作研究会」のHP及び小田原地下街・TAKUMI館にてご入手頂けます。ぜひお手に取って頂きたいと思います。 

からくり創作研究会 http://www.karakuri.gr.jp/creation/index-j.htm

2017.07.31
  • 新着情報

小さな和綴じノートがデビュー

アルファ本社にて販売しているオリジナル和綴じノート。中も和紙を使っており、同じものが二つとないデザインも独自なアルファ特製手作りノートです。この度、通常サイズ(13×13cm)に加え、小さいサイズ(10×10cm、6.5×13cm)も販売開始しました。サイン帳やご朱印帳として、また押し花を作成するのにちょうどいいという声もあり、ハンドバッグに入る手頃な大きさでご好評いただいています。こちらの製本でも、記念本や俳句集や詩集、絵本などの制作を小ロットからお請けすることができます。

世界にひとつしかないあなたの本を作ってみませんか?

 

 

 

上段 大 各500円

下段 小 各400円

2017.05.23

ジャグラ年賀状コンテストの部門No.1を獲得しました

一般社団法人日本グラフィックサービス工業会の2017年酉年年賀状デザインコンテストアンケートにて、アルファのデザインが「モノクロ部門1位」に輝きました。このコンテストでは、4部門で賞を受賞しましたが、実際にエンドユーザーから注文のあった数でも1位という好評価をいただきました。今後も社員一同精進してまいります。

2017.04.25
  • 新着情報

自費出版の制作実績 「二宮金次郎と善栄寺」

『記憶から記録へ』    二宮 康裕

もし、紫式部や清少納言が記した物語・日記・髄筆が連綿と記録されてこなかったなら、私たちは平安朝の優雅さに浸ることはなかったであろう。そこで、金次郎が生涯を通して交流をもった菩提寺(善栄寺)や二宮一族との往復書簡を中心として彼の真意を探ることにした。史料は漢文・候文であり、やや難解ではあるが、実際の文献を使用することは金次郎を現代に呼び起こさせる意味がある。特に、少年期の仏教への接近・桜町救済のため栢山村を去る決意・門弟たちに残した遺訓などは興味深い。

この著書『二宮金次郎と善栄寺』は、二宮金次郎百六十回忌を期に公刊を企図したものであり、慌ただしい中、ご協力をいただいたアルファ様には心より感謝している。