公式ブログ

BLOG

2020.05.07
  • 新着情報

初夏という言葉

初夏(しょか)という言葉はいつからいつまででしょうかね?
私的には、5月の終わりから6月の終わり頃の感じですかね。

ちょっと、気になって調べてみました。

初夏の頃とは、現在の歴では5月の初旬から6月の初旬のことだそうです。
知っていそうで、はっきりわかる人って、意外と少ないのでは?

旧暦では以下のように季節がわかれているようです。
・1月~3月を春
・4月~6月を夏
・7月~9月を秋
・10月~12月を冬
ちょっと、今の季節感と外れているような感じですね。

そして夏の中でも、4月を初夏、5月を仲夏、6月を晩夏というそうで
この旧暦の4月が現在の歴では5月初旬から6月初旬の頃だそうです。
ですから「初夏の候」「初夏の陽気」といった言葉は、5月の初旬から
6月の初旬を表して使う言葉であるということです。

日本の季節は、趣がありますね。

(山)

2020.05.01
  • 新着情報

アルファ店頭エコメモ売り場に小学生が作ってくれたチラシが登場!

アルファの小田原本社の玄関前にある無人エコメモ売り場。
地元の方々には既におなじみですが、工場で廃棄となる用紙を利用したアルファのオリジナルエコメモ帳が大変好評いただいております。
 
時期や季節によって品物を変えており、ご自宅でプリント可能なハガキやスケッチブック代わりの画用紙、オリジナルデザインのおかいものメモ帳、ぽち袋や千代紙を使った和綴じ本やご朱印帳まで、現在ではかなりの品揃えとなっております。
価格は100円~1,000円とリーズナブルにさせていただいております。
 
近くをお散歩するお年寄りや、通勤、通学の通りがかりの方までご愛顧いただいているのですが、この度、小学生の方々が独自にチラシを作成して持ってきてくれました。
また、その際にはお客様への呼びかけまでしてくださいました。
 
誠に嬉しいことですが、現在、新型コロナウイルスの緊急事態宣言中ですので呼び掛けはご辞退いただき、売り場にチラシを置かせていただくこととなりました。
 
皆さまに愛されるメモ帳売り場となっていることをアルファの社員一同大変嬉しく思っております。
新型コロナウイルスでの営業活動の自粛などはありますが、メモ帳売り場は今までもこれからも毎日無人ですので、緊急事態宣言中もできるだけ出店しようと思っております。
(尚、雨の日は残念ながら営業しておりません。)
 
地元小学生の皆さま、どうもありがとうございました!
これからも色んな商品を展開していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 小学生が作ってくれたチラシ

 エコメモ売り場の一角

(α)

2020.04.17
  • 新着情報

2020年パンフレット

毎年パンフレット印刷の仕事を頂いている会社のデザイナーさんから雑誌ポパイの表紙みたいな加工をやってみたいと相談されました。
最初はバーコ印刷(厚盛加工)か、模様の付いたPP貼かなと思っていましたが、調べたらその加工は縮みニス加工でした。
縮みニスとは、専用仕上げワニス(ビヒクル)を使用することでニス焼き付け時に凹凸形状が発現します。不規則な凹凸が独特な質感を表現するものです。
出来上がりはデザイナーさんが希望していたイメージ通りに仕上り、大変喜ばれました。

 湘南美術学院スクールガイド2020

何か印刷物で面白い加工など御座いましたら、弊社営業にぜひお声かけください。

今年の1月に始まった新コロナウイルスの影響でいろいろ大変ですが今は我慢の時です。
やまない雨はありません。明けない夜もありません。お互い頑張りましょう。
 (笠)

2020.04.13
  • 新着情報

夢工房さんより出版された『小田原叢談』がタウンニュース紙に掲載されました

神奈川県秦野の出版社「夢工房」さんより出版された石井富之助/著(石井敬士/編集・校訂)の『小田原叢談』がタウンニュース紙(小田原・箱根・湯河原・真鶴版)で紹介されました。
小田原市図書館の館長を務めた故・石井富之助さんの遺稿を息子の敬士さんがまとめたものです。
小田原市の郷土文化の史実を記す貴重な著書となっています。

 タウンニュース2020年4月4日(土)号

2020.04.11
  • 新着情報

「春野」の黛執先生の句碑序幕式がタウンニュース紙に掲載されました

前回のブログでも紹介した、俳句結社「春野」の黛執先生の句碑の除幕式の様子がタウンニュース紙に掲載されました。
3月27日(金)に神奈川県湯河原町の幕山公園で行われました。

タウンニュース2020年4月4日(土)号