公式ブログ

BLOG

2022.01.28
  • 新着情報

紙の話

紙と言えば木材だけでなく色々な物から作られている事をご存じですか?
サトウキビの絞りかすが原材料の「バガス紙」石からできている石の紙「ストーンペーパー」竹が原材料の「竹紙」などがあります。
このような紙が「非木材紙」です。竹は繁殖力が強いので森林を侵し環境によくないので伐採して紙にする方法を生み出したそうです。色は薄茶色で一般の印刷物として使えます。
アルファは印刷の際特殊な紙をまれに使いますが紙によって風合いが違ったり違う角度からみると光沢がでたりと紙と印刷の関係って本当におもしろいものです。
ちょっと視点は違いますがコロナ禍でスーパーや商業施設のトイレではハンドドライヤーが廃止されています。そこで使い捨てのペーパータオルをトイレに置いてウイルスの拡散を除くそうです。コロナ禍前だったらペーパータオルが環境に良くないとか,勿体ないとか,自分の持参したハンカチを使えばいいとか色々な意見があったと思います。でも今はペーパータオルを使うのが当たり前のようになってきています。例外ではなくアルファのトイレ前にもペーパータオルを常備設置してあります。飲食店では使い捨ての割り箸を紙製のはし袋に入れて割り箸に別の人が直に触れる心配がないようにしているところもあるそうです。使い捨ての紙の食器やコンビニ・カフェで使われている紙コップ,そして先程の紙製のはし袋。ペーパーレス化で紙の需要が減ったと言われてもコロナ禍の中で紙の出番はまだまだ沢山ありそうな気がします。

 (髙)

2022.01.24
  • 新着情報

くじ運

みなさんくじ運は良いほうですか?
くじ運は生まれ持ったものなのか?努力で身につくものなのか?
先見の明も必要なのか?何かを習慣づけるといいのか?研究した
こともないのでわかりませんが日頃からくじ運のない私。
懸賞も宝くじもほぼ当たったことがない。
かなり遠い昔 
駄菓子屋で大きめのいちご飴くらいは当たったことがあるかも?
ところが昨年末のアルファでの納会でのお話。
コロナ禍で飲食を伴う慰労会はできませんでしたが
工場内で人と人の距離をとってアルファ社員で集まりました。
台の上には用意した沢山の豪華?景品が並んでいます。
そしてはじから一人ずつ順番に三角くじをひいていきます。
くじには番号が書いてあって1番が出た人から景品を選べる
システムです。なんとその1番をひくことができました。
その景品が任天堂Switchです。
いままさにこれを使いこなせるように今年はゲームの世界に
入っていこうと思っています。そして二十歳代の社員の女の子と
ゲームの話ができるようになる事が今年の目標です。


1番での獲得賞品

  
新年1月6日 雪化粧のアルファ

(髙)

2022.01.06
  • 新着情報

2022年 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

株式会社アルファ 一同

 

2021.12.24
  • 新着情報

年末年始の営業日について

本年は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

来る年もさらなるサービス向上を目指し、
より一層の努力をしてまいりますので、
変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

なお、弊社の年末年始の営業日についてご案内申し上げます。

年内営業:12月28日(火)15時まで
(12/29〜1/4は、休業とさせていただきます)
年始営業:1月5日(月)8時30分より

期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

2021.12.21
  • 新着情報

2022年アルファカレンダー

2021年もあと残りわずかです。
前回もアルファカレンダーのお話をしました。
2022年版も無事にでき上がり今年のご厚誼に対し心よりのお礼と
ご挨拶の言葉と一緒に大切なお客様にお配りしています。
来年のアルファカレンダーの表紙の色は深い緑です。
アルファのカレンダーの表紙はコート紙と言う表面がツルツルと
している光沢紙を使用しています。
その用紙に6色ベタ刷りで印刷しています。
ベタ刷りと言うのは印刷用語で紙の表面を完全にインキで覆いつくす
印刷方法です。「表紙なんて新年すぐにめくって捨ててしまうよ。」
なんて方もいらっしゃいますが1996年(平成8年)からアルファカレンダー
の表紙を壁にポスターの様にずらりと飾ってくださっているお客様がいます。
カレンダーの表紙をコレクションしている希少な方です。
アルファ社員も忘れている表紙の色やデザインが圧巻です。
その画像を頂いたときに端の方に写っている2009年の変わった
デザインに着目しました。一年だけベタ刷りではない逆三角形の様なデザインは
先代のこだわりなのか?何か特別な変化があったのかこの謎は
今となっては確認できませんが不思議な現象です。
人気のカレンダーなのでどの年の物も残っていないので
この様なかたちで残していただいてお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。

みなさま今年も何かとお世話になりありがとうございました。
来年2022年も同様によろしくお願い致します。

  

来年の表紙は深い緑です
2022度版カレンダー解禁
画像の右端に2022年版の表紙も写っています

(髙)