公式ブログ

BLOG

2021年04月

2021.04.30
  • 新着情報

「春野」 奥名主宰が第13回文學の森 大賞を受賞されました

みなさん「文學の森」をご存知ですか?
「文學の森」とは、月刊「俳句界」の刊行や句集などの自費出版を行っている出版社です。
また、編集者は、俳句への迸る情熱と高い専門性を兼ね備えておりますプロフェッショナル集団なのです。

そんな、プロフェッショナル集団の方々が多くの句集の中から、弊社が担当しております「春野」 奥名春江主宰が出されました「春暁」が見事に大賞を受賞されました。
「春野」会員の方も大変喜んでおりますし、「春野」を担当しております弊社としても大変名誉なことと思っております。

奥名主宰も受賞にあたり、
『この度は第十三回文學の森大賞受賞の栄誉を賜り嬉しく思います。今瀬剛一先生辻桃子先生を始め、書評担当の諸先生、関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。』
また、発行にあたり『孤軍奮闘で纏めた句集、よろこびもひとしおの上に、ほっとした気持ちもあります。
句集発行には沢山の自作を捨てる作業があり、日の目を見なかったそれらの作品が愛おしくもあります』と、述べられています。

俳句にご興味がある方は、是非一度「春暁」をお手にとってはいかがでしょうか。(山)

  『春暁』

 『月刊俳句界』

 受賞を報じる紙面

 奥名主宰コメント

2021.04.30
  • 制作実績
  • 自費出版

したんこば

以前からアルファで年賀状を毎年印刷されていた室之園様から本を作りたいと相談を受けたのが昨年の10月初旬でした。
著者の室之園不二子さんと息子さんで来社していただきどのようなものを作るか打ち合せを行ない、サイズ・刷色・装丁などをサンプルなどを見て頂き打ち合せを行なった記憶があり誰に配るのかまで伺い、年齢が高い方が多いとのことだったので文字の大きさはなるべく大きくしました。
著者が昔住んでいた場所「したんこば」の記憶をたどりつつ書き綴った貴重な内容で何回か校正をするにつれ、自分も表紙カバー、表紙、本文中のイラストなど上手く表現できるよう力が入ったことを覚えております。
最初は30冊で良いと言っておられましたが40冊になり、最後は50冊作り、友人や親戚、知り合いに配って半月もしないで残り4冊になってしまったと先日来社の時言っておられました。
本の出来に関しては大変満足していただいているとのことでした。
営業としてもお客様に喜んでいただき良かったです。
 (笠)

2021.04.19
  • 新着情報

印刷のあしあと

印刷の専門用語には面白い呼び名の言葉があります。
今回はふたつご紹介したいと思います。
印刷面の端っこに線を2本重ねたようなマークを「トンボ」と言います。
インキの刷り位置がズレない様に位置合せに使用します。
印刷が終わって紙を断裁する時の目印にもなる大切な役目があります。
そしてこちらも紙の端っこにある四角い図形が並んだ様なマークを「パッチ」と言います。
インキの濃度が合っているかを確認するためのしるしです。
その印刷のしるしを私は勝手に「印刷のあしあと」と呼んでいます。印刷の後はこの「あしあと」を切り落として製品が完成します。
私にとって「あしあと」は「パンの耳」的な価値のある部位である意味パンの白いところより「おいしい」ところです。
この「あしあと」なる部位が出てきたらメモ紙やメモ帳に加工して利用しています。
食品と同じで印刷用紙も捨てるところはありません。
味があってかわいい存在です。
アルファ外の売店で「印刷のあしあと付きメモ」をごくまれに販売しています。
「期間限定販売」でも「個数限定販売」でもなく「あしあとが出た時だけ販売」の貴重なメモ帳みなさんも出会えるといいですね。

 (髙)

2021.04.09
  • 新着情報

アルファ創立記念日

会社の創立記念日、4月1日に撮影した会社近くの満開の桜です。
コロナ禍で世の中は少々しぼみがちですが、自然界は元気です・・!
道路脇に桜が咲き誇る有名なスポットで、桜のトンネルが本当に美しく、通りすがりの方にも喜びを与えてくれます。今年は天気にも恵まれました。

アルファの前身なる会社が小田原で創業してから、数えたところ71年になるそうです。
会社は創業してから代もかわり、印刷周辺の事情もめまぐるしく変わってきましたが、こうして小田原の地でお仕事をさせていただけることは誠にありがたいことです。
紙離れ、ネット社会への移行など色々なことが言われていますが、本や紙製品の価値は普遍的なものであり、これからも印刷はアイディアが色々活かせる面白い分野だと思っております。

発送代行など印刷周辺のサービスも引き続き取り組んでまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 (α)

  • 1