公式ブログ

BLOG

2018.12.28
  • 新着情報

干支

皆さん、干支をすべて言えますか?
すべて言える人、なかなかいないかもしれないですね。
私も途中でつまってしまう派かもしれません。

また、干支をどんな感じで記憶していますか?
ねーうしとらうーたつ・・・・とただ記憶するだけでは
覚えられませんよね。

ところで、この干支に出てくる動物ってどうやって決まったのでしょうか?
不思議ですよね。
なので、ちょっと調べてみました。

昔々、神様が「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く
来た者から十二番目の者に順に一年の間、動物の大将にしてやろう」
と言ったそうです。

元日の朝一は大変なので、牛は考えました。歩くのが遅いので夜のうちに
一足早く出かけました。
これを見ていたねずみが、牛の背中にぴょんと乗り神様の神殿が近づくと
ねずみがぽんと飛び降りて一番になったそうです。
ずるいですよね。
で、二番が牛。
それから、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順でついたそうです。

ちなみに、なぜ猫がいないのでしょうか?
その理由は、ねずみが猫に一日遅れた日を教えたからです。
それで、今でもねずみを追い回すのだそうです。

いろいろ、調べてみると面白いですね。
来年は、猪ですね。皆さんはどんな一年間を過ごすのでしょうか?

(山)