公式ブログ

BLOG

2022年06月

2022.06.20
  • 新着情報

観察 山芋のツル

前回和の文化塾さまにいただいた苔盆栽のお話をしましたが和の文化塾さまからメールをいただき盆栽の上の観葉植物は「テーブル椰子」という名前だと教えていただきました。
調べてみたらテーブル椰子は葉が下に垂れるように伸びるため「仕事運」「健康運」の運気を高めさらにリラックス効果やポジティブな気持ちにしてしてくれる効果があるそうです。
そういえばアルファの社員は季節を楽しみ常に安定した気持ちで日々働かせていただいています。
印刷業界の仕事は季節をテーマとしたイベントのチラシやポスターも多くそれらを日々手掛けていて四季には敏感な社員が多いのかも知れません。
そんな様子を苔盆栽の上のテーブル椰子が社内を見守ってくれているのかも知れません。
こういうのは信じる気持ちが大切ですものね。
和の文化塾さまより引き続きみなさんで可愛がってくださいね。との温かいメッセージをいただきました。
あらためてありがとうございます。
運気の話とはまったく関係ありませんが私の自宅では実家からもらい一本だけ食べそこなって放置していた山芋からツルがうねうねと迷路のように伸びてきました。
毎日観察していたら明るい方向に向かってすごい勢いで伸び続け枝分かれまでしています。
このまま置いておいたら最終的にどうなるのでしょうか?
成長過程がおもしろいのでずっと見ていたら愛着がわき親芋のほうを食べるという行為がとてもかわいそうで残酷な気がしてきました。
だからといって山に穴を掘って埋める行為もこのご時世怪しまれたり誰かに見られでもしたら不吉な勘違いをされかねません。
こんなことで重要参考人ですと事情聴取などされたくありませんし。
そもそも家の近くに気軽に行ける山などありませんが。
初めてのことなのでこの先ずっと見守り続けていくかどうするかが最近の私の生活のなかでの重要課題となっています。
かわいくて手放したくないけどインテリアとは呼べそうにないし風水などとは全く関係なさそうだしな~。
どなたか答えを出してくださるかたいらっしゃいませんか?
 (髙)

2022.06.14
  • 印刷全般
  • 制作実績

小田原市川東仏教会ポスター2022

今回のポスターでございますが、色にかなり苦労いたしましたが
何度も校正を行い、いい色に仕上がりました。
愚尚庵様いろいろありがとうございました。

2022.06.01
  • 新着情報

苔盆栽

みなさん苔盆栽をご存じですか?
苔を張り付けてまるく形どった苔玉の上に観葉植物等を植えて室内で楽しむ小さな緑のインテリアです。
3~4年前にアルファのお客様のNPO法人 和の文化塾さまより初対面の日に苔盆栽をいただきました。
苔は電灯の光でも光合成ができ日光をあまり必要としないので室内でも育てることができるそうです。
そして調べてみたら苔は「乾燥に強く湿気に弱い」植物だそうです。
水やりは控えて乾いてるくらいが苔にとって丁度良い環境だそうです。
私は本当に知識がなく私が信じていたのは「乾燥に弱く湿気に強い そして水はどんどん飲ませてあげるべし。」です。
なぜかと言うと苔は家の庭の塀の下や樹木の影などに地味に生息してる印象が強かったからです。
私が考えていた生態系とは正反対でした。湿気に弱いとは…。これではとても苔業界に入れそうにもありません。
そして私たち印刷会社も同じく梅雨の時季は湿気の影響を多いに受けます。印刷用紙がうねうねと波うちます。
対策は包装から必要枚数のみ抜き取り未使用分は再度包装し湿気や空気に触れないように保管します。
そして逆に印刷用紙が乾燥すると縮むのでカールした状態になってしまいます。
アルファでは湿気や乾燥が天敵な印刷用紙はデリケートに取り扱っています。
和の文化塾様にいただいた苔盆栽はお手入れの技とアルファの環境に慣れ親しんで健康状況も良好です。
趣きのあった丸かった苔玉は平らになりつつありますがこれもまた愛嬌があってかわいいとアルファ社員の癒しとなっています。
和の文化塾さま心になごみをありがとうございました。
そしてみなさま梅雨がそこまでやって来ていますが体調にお気を付けてお過ごしください。

丸かった台座の苔玉が平らになってきました (髙)

  • 1