公式ブログ

BLOG

2019.02.21
  • 新着情報

新元号の予測

以前のブログで新年号について書かせていただきましたが、今回はその新年号を予測してみました。
政府は元号法に基づき、皇太子様の即位に合わせて2019年の5月1日から平成に代わる元号を定める「改元」を行ないます。
次の年号は何になるのでしょうか?
日本で暮らしているなら、日本人でなくても気になりますよね。
そんな平成の次の新年号を予測してみました。
明治以前の年号は飛鳥時代から数えると243個あるそうです。
まず、明治=M、大正=T、昭和=S、平成=Hのイニシャルが被らないものになると予想されますね。残るのは、あ行、か行、な行、や行、ら行、わ行です。
自分が予想する新年号は第1位=永和、2位=和平、3位=安久です
どうなりますか、楽しみですね。
発表は4月1日とのことなので、4月は印刷業界は忙しくなるのではと思われます。
(笠)